第29回中部CAE懇話会 
テーマ 〜 人を支援する新しい技術 〜
日時    2016年7月8日(金) 10:00−20:00 (受付9:30〜)
場所 名古屋工業大学 4号館 1階ホール
   〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町

  アクセスはこちら  Access キャンパス地図 campus
受付 4号館 1階ホール前 9:30受付開始
ベンダー講演  [詳細]
ベンダー
講演
        
講演1
「敷居の低い高速モデリング -最新世代CAEソフトJupiter Solutions -」
      株式会社テクノスター  小林 陽介 氏
講演2
「設計探査ツールHEEDSを活用したコンピュータとエンジニアのコラボレーション設計探査」
      株式会社CD-adapco   盛 哲博  氏 
講演3
「人体バイオメカニクス解析ソフトウェアAnyBodyのご紹介」
      株式会社テラバイト    菊池 俊彦 氏 
講演4
「エンジニアの感性を刺激し支援する粒子法(MPS・DEM)の適応事例と近未来」
      プロメテック・ソフトウェア株式会社   川上 浩 氏
講演5
「新しい技術開発を支援する国産CAEソフトウェアFemtet」
      ムラタソフトウェア株式会社        大川 真司 氏
      株式会社 村田製作所           岡田 勉   氏
 名古屋工業大学/産学連携センター紹介、校内研究室、実験設備等見学   
名工大
紹介
コーナー
 ● 名古屋工業大学 / 産学官連携センター 講演
 講演
「新たな価値の創出を目指した産学官連携センターの取組みについて」
      名古屋工業大学 産学官連携センター   准教授 矢野 卓真 氏
 ● 名古屋工業大学/ 産学官連携センター紹介
 見学
 申し込みは30名様で締め切らせていただきます。
 これは10名程度の小班に分けて見学するために多くの方の参加が難しいため
 招待講演
招待
講演    
 ●招待講演1
 講演
「リハビリの世界を変える最新支援ロボット」
   名古屋工業大学 大学院工学研究科 電気・機械工学専攻 教授
   産学官連携センター 副センター長   森田 良文 氏
 ●招待講演2
 講演
「知能を持つクルマの実現と今後の交通社会の展望」
   日産自動車株式会社 総合研究所   シニアリサーチエンジニア  安藤 敏之 氏
  ベンダー講演・詳細
概要  CAE懇話会団体会員企業(ハード、ソフトウエア・ベンダー)様に、 「人を支援する新しい技術」を念頭に各社様の製品の特徴や技術動向等を主体にしてお話しして頂き、 聴講者の方にCAE分野での動向を理解して頂きます。
ベンダー
講演1 
講演1
「敷居の低い高速モデリング -最新世代CAEソフトJupiter Solutions -」     
 講師 株式会社テクノスター  小林 陽介 氏
内容 弊社CAEソフトTSVは、長年の御客様からの御指導により、様々な機能を開発させて頂きました。
しかしながら、多数の機能があると習熟時間が長くなり、熟練度によってユーザー間でのモデル品質や工数にバラつきが生まれます。そこで、最新世代CAEソフトJPT (Jupiter)では、汎用GUIでモデリングプロセスを一元管理することで、個々の熟練度に左右されない、高速自動モデリングシステムの開発を進めております。
ベンダー
講演2 
講演2
「設計探査ツールHEEDSを活用したコンピュータとエンジニアのコラボレーション設計探査」
   
 講師 株式会社CD-adapco   盛 哲博 氏
内容 最適化計算を導入するとエンジニアが考えなくなる、アルゴリズムなんて信用できない、と最適化計算の導入に二の足を踏んでおられる方がたくさんおられます。
この講演では、コンピュータとエンジニアが協調し良い設計を探査する、新しい最適化計算のアプローチを提案させていただきます。コラボレーション探査がいかにエンジニアの育成、技術の伝承に役に立つのかを複数のユーザー様の事例も含めてご紹介します。
ベンダー
講演3 
講演3
「人体バイオメカニクス解析ソフトウェアAnyBodyのご紹介」
 講師 株式会社テラバイト   菊池 俊彦  氏
内容  筋骨格モデルに人間の動作を入力し、筋活動量や関節・靭帯にかかる力を逆動力学解析で求めるソフトウェア。OA椅子や自動車、アシスト装具デバイスなどの工業製品の使用がヒト筋骨格系に与える影響を定量評価します。
ベンダー
講演4     
講演4
「エンジニアの感性を刺激し支援する粒子法(MPS・DEM)の適応事例と近未来」
       
講師 プロメテック・ソフトウェアK株式会社  川上 浩 氏
内容 従来の格子ベースのソフトウェアと比較をして、粒子ベースのモデリングを利用する最大のメリットは領域形状の変化に柔軟に対応でいるという特徴があります。パッケージソフトウェア開発ベンダーとして、エンジニアの皆さまにご利用を頂くために数々の産みの苦しみを超えようとしている現状の適応事例を紹介させて頂きます。さらに、今後の粒子法の展望をGPUを代表としたコンピュータサイエンスの今後のロードマップに重ね合わせて予測してみようと思います。
ベンダー
講演5
講演5
「新しい技術開発を支援する国産CAEソフトウェアFemtet」
講師 ムラタソフトウェア株式会社    大川 真司  氏
株式会社村田製作所       岡田 勉   氏
内容 新しい技術開発を支援するツールとしてCAEソフトのFemtetを紹介する。
Femtetは村田製作所という製造業で生まれ育った国産のCAEソフトであり、幅広い技術者に使っていただくことを目的に、使い易さ、解析領域の広さおよび価格に特徴を持つソフトである。本講演では、その生い立ち、実装されている技術、最近の新しい技術および将来について説明する。
大学
講演
 
名古屋工業大学/産学官連携センター講演 
「新たな価値の創出を目指した産学官連携センターの取組みについて」
 講師  名古屋工業大学 産学官連携センター  准教授  矢野 卓真 氏
 内容  日本のものづくり集積地において、本学は110年の歴史を有しており、地域産業の発展に貢献することを使命に教育・研究を推進している。本学の産学官連携推進の中核組織として、産業界との窓口役を担うのが、産学官連携センターである。専門スタッフによる企業等との共同研究の企画、企業への技術移転、大学が保有する特許情報の公開等、様々な産学官連携事業を推進している。ここでは本センターの活動について紹介する。
招待講演・詳細
招待
講演1
  
「リハビリの世界を変える最新支援ロボット」 
講師 名古屋工業大学 大学院工学研究科 電気・機械工学専攻 教授  
産学官連携センター 副センター長   森田 良文 氏
内容 医療関係者も開発者の一員として医工産学官連携体制を作り,メカトロニクス技術やロボット技術を駆使して,リハビリ現場のニーズを具現化しています。本講演では,脳卒中片麻痺患者の上肢運動機能回復のためのニューロリハビリテーションロボット,起立トレーニングのための支援ロボット,把握動作評価トレーニング装置などについて紹介します
招待
講演2
  
 [知能を持つクルマの実現と今後の交通社会の展望」 
 講師 日産自動車株式会社 総合研究所   シニアリサーチエンジニア  安藤 敏之 氏
 内容  自動運転の実用化のためには、状況に応じて的確な判断を行う「知能化」が必要になる。本講演では、日産自動車の自動運転実用化への取組みとして、特に一般道における自動運転実現の課題となる「交通信号の認識」および、自らが置かれた状況に応じて的確な「行動判断知能」、更に「今後の交通社会の展望」について、これまでの実験映像などを使って紹介する。
 技術交流会 
技術
交流会
   
 時間  17:50-20:00 (1階ホール前)
 内容 パネルディスカッションと参加者の技術交流会を行います。
 資料展示コーナー、 解析塾紹介、その他
 昼食   時間 12:00-13:00
備考  学内の昼食施設をご利用ください。
■名古屋工業大学 学内食堂、売店、近所にも食堂があります。
 展示講演    時間  13:00-13:30
 備考  アフタヌーン・プレゼンテーション 
 解析塾
 紹介
  
 時間 13:30-13:50 
 備考  中部CAE懇話会で開催している解析塾紹介
 デモ展示         時間  10:00-18:00 (1階 ホール前にコーナーを設置)
 内容  CAE懇話会団体会員企業の資料展示デモコーナーを設けます。最新の情報収集にお役立てください。
  ■ 出展団体会員企業名(受付順、敬称略)
   =出展団体会員受付中です。=
 展示団体会員様  展示内容
プロメテック・ソフトウェア株式会社 粒子法CAEソフトウェアParticleworks
株式会社テラバイト 筋骨格モデリングシステム AnyBody
株式会社テクノスター 国産CAEソフトJupiterの一部:One Push落下解析機能
ムラタソフトウェア株式会社 解析シミュレーションソフトFemtetR
株式会社CD-adapco 複合領域最適化ツールHEEDS
株式会社インサイト ユーザビリティ(使い易さ)に優れたMeshman製品群に注目
公益財団法人計算科学振興財団 産業界向けHPCクラウド環境『FOCUSスパコン』の御紹介
インテル株式会社 インテル最新プロセッサを使用したサーバ製品と周辺機器の紹介
時間割     ご参照ください。   Schedule
資料
資料  招待講演1(名古屋工業大学    森田 良文氏):  Presentation
招待講演2(日産自動車株式会社 安藤 敏之氏):  Presentation
ベンダー講演1(株式会社テクノスター):         Presentation
ベンダー講演5(ムラタソフトウェア株式会社)):     Presentation
参加費用
参加
費用
第29回中部CAE懇話会 参加費用
CAE懇話会個人会員
   ・一般    :2000円(税込)    ・学生会員 :無料
CAE懇話会団体会員(正会員、賛助会員)の社員の方
   ・2000円(税込)
CAE懇話会個人会員外
   ・一般    :3000円(税込)    ・学生/院生: 1,000円
 
※参加費用は参加されるコースに関係なくいずれも上記の費用となります。
  当日受付にてお支払いください 。
☆所属する企業・法人が団体会員様の場合、個人会員の参加費用が適用されます。
  
参加費用の請求書による振込みを希望される場合は、事前に CAE懇話会事務局(jimukyoku10@cae21.org)までご連絡ください。会場での請求書支払申込はできません。
新規にCAE懇話会個人会員となって、個人会員としての参加を希望される場合には、11月20日(金)までに個人会員登録申請を行ってください。
すでに個人会員の方は、その必要はありません。
参加
申込
WEBからの事前申込みは終了しました。
当日会場受付へお越しください。
交通 ■名古屋駅からおよそ15分。緑豊かな鶴舞公園のそば
■ 名古屋地下鉄鶴舞線を名古屋駅方面から乗った場合「赤池」or 「豊田市」行に乗車、
■名古屋工業大学交通アクセス
   ※各路線での鶴舞線への連絡駅は、
    JR東海/中央本線   「鶴舞駅」下車(名大病院口から東へ約400m)、
    地下鉄鶴舞線      「鶴舞駅」下車(4番出口から東へ約500m)、
    地下鉄桜通線      「吹上駅」下車(5番出口から西へ約900m)  など
    地下鉄関連リンクはこちらを参照下さい。■名古屋市交通局
備考 内容については、変更される場合があります。最新情報は本ページでご確認ください。





Copyright (C) 2001-2017 NPO法人CAE懇話会 All Rights Reserved.