第10回中四国CAE懇話会
(オンライン形式)
テーマ 「中四国地区におけるデジタルイノベーション」 
日時 2022年2月24日(木)13:00〜18:00
場所 オンライン形式
定員 100名
オンライン
会議
WebExを使用します。はじめて使用される方、あるいは事前テストを希望される方は、事前テスト時間枠をご連絡します。 
受付 12:30 受付開始 
はじめに 時間 13:00〜13:05
ご挨拶 「中四国CAE懇話会の紹介」
時間 13:05〜13:20
講師 中四国CAE懇話会会長
広島工業大学専門学校
   栗栖 徹 氏
講演1 「粒子法(SPH)を用いた解析によるEV用バッテリーケースの開発支援」
時間 13:20〜14:00
講師 広島県総合技術研究所
   松永 尚徳 氏
概要 今、電気自動車への期待が急速に高まっており、様々な技術開発が急ピッチで進められる中で、航続距離を延ばすための軽量化が有効なアプローチとされております。
広島県立総合技術研究所においては、バッテリーケースの樹脂化による軽量化と高機能化を目的としてバッテリーケースの樹脂化に関して、ダイキョーニシカワ(株)と共同研究を行いました。
本講演では県総研で担当した解析技術の確立を中心に紹介します。
                  
講演2 「鳥取県におけるCAEによる課題解決事例と普及活動」
時間 14:00〜14:40
講師 (地独)鳥取県産業技術センター
   佐藤 崇弘 氏
概要 鳥取県産業技術センターでは、2007年に汎用構造解析ソフトを導入してから、CAE関連業務に本格的に取り組み始め、近年では設計技術に加え、生産技術に関わるCAEを導入し、技術支援、研究開発、人材育成を行っております。 本講演では、その一部をご紹介します。
講演3 「レーシングカーにおけるCAE活用事例と電気自動車向け車載モータの連成解析事例」
時間 14:50〜15:30
講師 株式会社戸田レーシング
   戸田 憲吾 氏
概要 弊社は長年のレース活動を通して培われたものづくり技術とスキルの高い技術者およびマルチ技能者によって、
少人数でありながらレーシングパーツを中心とした広範囲な商品開発と少量生産を実現してきました。
これまではレースエンジンの開発をスピーディーに行ってきましたが、そこで得られたノウハウを電気自動車向けの
車載モータ、例えばインホイールモータの開発に適用させることで、電動化への対応を急速に進めています。
講演4 「ヒートアンドクール金型の開発における非定常熱伝導解析の取組事例」
時間 15:30〜16:10
講師 広島県総合技術研究所
   大川 正巳 氏
概要 当センターではCFRTP のヒートアンドクール成形用金型として高速かつ均等に加熱冷却できる金型の開発に取り組んできました。この金型は熱伝導性に優れる材料と劣る材料を組み合わせ,厚さの比率を適宜変えることにより実現しています。この厚さを決定するために非定常熱伝導解析を用いて検討した事例をご紹介いたします。           
講演5 「設計プロセスの変革への挑戦」
〜多目的設計最適化技術×データマイニング技術の賢い使い方〜
時間 16:20〜17:00
講師 マツダ株式会社 
   小平 剛央 氏
概要 自動車の車体構造の軽量化を狙って,多目的設計最適化技術を開発し,2012年発売のCX-5より適用している.
さらに,データマイニング(機械学習)を組み合わせた設計支援手法を2019年発売のMazda 3より適用している。
本報告では,技術概要と適用事例を中心に,最適化とデータ分析を実設計に応用時の勘所について紹介する.
オンライン
交流会
時間 17:00〜18:00
概要 oViceを使用したオンライン交流会です。
時間割 参照ください。   
講演資料 ご挨拶 Doc中四国CAE懇話会会長、広島工業大学専門学校 
       栗栖 徹 氏
講演1 Doc広島総合技術研究所  松永 尚徳 氏
講演2 Doc鳥取県産業技術センター 佐藤 崇弘 氏
講演3 Doc株式会社戸田レーシング 戸田 憲吾 氏
講演4 Doc広島県総合技術研究所 大川 正巳 氏
講演5 Docマツダ株式会社 小平 剛央 氏
団体会員様資料        アルテアエンジニアリング株式会社 Doc電波環境の可視化、AI・機械学習を活用したシミュレーション     AltatirのEV開発ソリューション、Altairの軽量化ソリューション
日本テクノフォート株式会社 DocWebブラウザCAEソフトウェア webFalconのご紹介
計測エンジニアリングシステム株式会社 DocCOMSOL MULTIPHYSICS 汎用工学シミュレーションソフトウェア 製品カタログ
株式会社フォトン DocPHOTO-Series
株式会社インサイト Doc最先端をカスタマイズCAEソフトウェアMeshman
データサイエンス勉強会・受託業務・CAEソフトウェアMeshmanシリーズ
プロメテック・ソフトウェア株式会社  DocPROMETECHソリューションガイド
株式会社CAEソリューションズ  Doc神戸シミュレーションステップアップセミナー ここまでできるFemap!
株式会社中央図研 Doc 熱/エネルギーマネージメントソフトウェア
参加費用 第10回中四国CAE懇話会 参加費用
■CAE懇話会個人会員
   ・一般     :2,000円(税込)
   ・学生会員  :無料
■CAE懇話会団体会員(正会員、賛助会員)の社員の方
            :2,000円(税込)
■CAE懇話会個人会員外
   ・一般     :3,000円(税込)
   ・学生/院生:1,000円(税込)
※参加費用は参加されるコースに関係なくいずれも上記の費用となります。
 申し込みをされた方にお支払方法を連絡いたします。
☆所属する企業・法人が団体会員様の場合、個人会員の参加費用が適用されます。
参加費用の請求書による振込みを希望される場合は、事前にCAE懇話会事務局(jimukyoku10@cae21.org)までご連絡ください。
新規にCAE懇話会個人会員となって、個人会員としての参加を希望される場合には、2月17日(木)までに
個人会員登録申請
を行ってください。すでに個人会員の方は、その必要はありません。
参加申込  参加申込受付は終了しました。
参加条件 1.開催日の3日前まで(2月22日(火)17時まで)に申し込みを完了されていること。
  参加方法等を開催日の前日までにご連絡いたします。
2.参加は個人単位であること。
  複数人での視聴は、禁止であること。
  同一箇所で複数人で参加される場合も、個別に申し込むこと。
  1人1端末でのアクセスとすること。

3.講演の内容を録画・録音されないこと。また、講演画面のスクリーンショットを取らないこと。

4.参加されるときに使用されるPCにカメラを接続され、当日の受付時にカメラ接続すること。
 スマホでの参加も可能ですが、その場合も当日受付時に、カメラ接続すること。
 受付時に、カメラで確認させていただきます。

5.当日、オンライン会議に参加されるときは、氏名が分かるような形で参加すること。
  ログイン名に氏名を日本語で記入すること。

6.上記に同意いただけない場合は、参加が不可となることを了承いただけること。 
資料 配布可能な資料は、開催前に申し込みをされた方に、資料入手用パスワードをご案内します。。
なお、資料入手用パスワードを受け取られた場合は、当日不参加の場合も参加費用を請求させていただきます。
当日不参加の方で、資料を希望される場合に、参加費用をお支払いいただくことで、資料を入手できるようにしています。そのため、公平性の観点から、ご理解をいただくよう、お願いいたします。

当日不参加で、資料を必要とされる方も、事務局(jimukyoku10@cae21.org)までご連絡ください。
備考 内容については、変更される場合があります。最新情報は本ページでご確認ください。
Copyright (C) 2001-2022 NPO法人CAE懇話会 All Rights Reserved.