第4回広島CAE懇話会 お申込みフォーム
 以下の各項目に入力してお申し込みください。
 *印は必須入力項目です。
お名前*
所属機関*
(会社名/学校名)
部署名
メールアドレス*
メールアドレス
再入力*
郵便番号
ご住所*
電話番号*
FAX番号
※所属機関のメール設定によってはメールが届かない場合があります。
その場合はFAXにて受付のご連絡をお送りいたしますので、できるだけご記入ください。
会員or非会員*
個人会員/
学生会員 
 
   非個人会員   学生/院生
(学生会員外)
 
 個人会員番号/学生会員番号:
※個人会員の方は会員番号をご記入ください。会員番号が分からない場合は、ブランクでも構いません。
※当日会場受付にて、申込者リスト(所属機関とお名前を記載)を配布し、名札(所属とお名前を記載)をお渡しします。これは参加者同士の交流を深めるために、参加者に開示するものですので、ご了承いただきますようお願いします。
参加コース選択
 (10:00〜10:25)
「ひろしまデジタルイノベーションセンター利用事例紹介」
公益財団法人ひろしま産業振興機構  
安藤 誠一 氏



(10:25-10:50)
「おもしろいCAEへ」
ニュートンワークス株式会社
和久井 伸栄 氏


(10:50-11:15)
「「CAEの未来はどう変わる?製品設計におけるCAE活用の今後」
アルテアエンジニアリング株式会社
阿部 大生 氏氏


(11:15-11:40)
「設計者も使える!CAE技術の未来像〜COMSOL Server」
計測エンジニアリングシステム株式会社
加藤 和彦 氏

(11:40-12:05)
「CAEとAIによる自動設計ソリューションGenerative Designの紹介」
株式会社電通国際再情報サービス
矢野 雅久 氏


(12:05-12:30)
「「所有しない」CAE がもたらす可能性 」
エクストリームーD株式会社
柴田 直樹 氏

(13:20-13:50)
アフタヌーン・プレゼンテーション

(13:50-14:40)
基調講演
「センター・オブ・イノベーション(COI)精神的価値が成長する感性イノベーション拠点の取り組みの紹介      〜感性・知覚の可視化のモデル化とその社会実装〜」
広島大学 感性イノベーション研究推進機構 
機構長   農沢 隆秀 氏   

(14:55-15:35)
講演1:
「機械学習を導入したCAEで実現可能な技術者の高度化」 
横浜国立大学 高木 洋平 氏
 
(15:35-16:15)
講演2:
「パーツモデリング手法について」
デルタ工業株式会社  大谷 義信  氏

(16:30-17:10)
講演3:
「走る歓びを実現する機械加工のMBD」
マツダ株式会社 牟田 博紀 氏 

(17:10-18:00)
特別講演:
「板材成形・スプリングバック予測のための材料モデル」 
広島大学大学院工学研究科特任教授、広島大学名誉教授
 吉田 総仁 氏

 (10:00〜10:25)
「材料から振動騒音までを考える複合領域解析の活用〜Digimat/MSC Nastran/Actran連携〜」
エムエスシーソフトウェア株式会社
竹田 壮一 氏
 

(10:25-10:50)
「粉体解析におけるオープンCAEの活用(LIGGGHTS)」
株式会社インサイト
三好 昭生 氏氏

(10:50-11:15)
「3DEXPERIENCEプラットフォームによる設計者CAE統合環境の将来像 」
株式会社アルゴグラフィックス
京盛 健一 氏

(11:15-11:40)
「MPS粒子法Particleworksの今後の展開と取組み」
プロメテックソフトウェア株式会社
重村 昌宏 氏


(11:40-12:05)
「クラウドを活用したこれからのCAE環境」
アマゾン ウェブ サービス株式会社
小川 貴士 氏

(12:05-12:30)
「熱流体シミュレーション最新事例と今後の展望」
エクサ・ジャパン株式会社
成田 明弘 氏

















































 (15:00〜18:00)
技術講座
「CAEとプログラミング」
JFEテクノリサーチ
池野 正 氏








    
(18:15-19:45)
交流会
 

ご連絡事項
参加申し込みをされる方は以下のアンケートにご協力ください。 
(1)今回の懇話会の開催を何でお知りになりましたか(主要なものを1つお選び下さい)。*
  
(2)あなたの職種をお教え下さい(最も近いものを1つお選び下さい)。*
        
(3)参加される目的をお教え下さい(複数回答可)。*
技術情報の入手
実験の体験
ユーザーとの交流・デモ展示(ベンダーの方)
他社技術者との交流
講演・実習協力等の依頼を受けたため
その他
(4)各地区のCAE懇話会に参加されたことはありますか(おおよそで構いません)。
 ※関西、関東、中部、東北,北陸CAE懇話会への参加の回数