中部地区 解析塾 制御設計コース 
講師 福井大学 助教授 川谷亮治 様
開催期間 2005年10月から2006年4月までの7回コース
開催日 第1回 10月29日(土)
第2回 11月12日(土) ←11月19日(土)より変更
第3回 12月10日(土) ←12月24日(土)より変更
第4回  1月28日(土)
第5回  2月18日(土)
第6回  3月18日(土)
第7回  4月15日(土)
開催場所 刈谷市産業振興センター
開催時間 10:00-17:00
受講料 受講料: 個人会員 50,000円 非個人会員 60,000円 
定員 8名以上15名以下
(最低受講者数に満たない場合は開催しない場合があります。定員になり次第、締め切ります)
備考

*演習用PCとしてノートブックを持参ください。必要とされる動作環境をご確認ください。

内容 ねらい
近年、CAEの対象領域が静解析から動解析(機構解析)にシフトしています。
動挙動を対象にし始めると必然的に制御を考えるようになります。
このコースでは、その制御の必要性から実用までを一通り体得していただけます。
本解析塾が将来のCAEのあるべき姿を考えるきっかけになればと思います。
概要
第1回 制御とMATLAB/Simulinkの関係は?・・・まずはツールを理解!
  ・各人持参の PC に MATLAB/SIMULINK をインストール
  ・具体例(必ずしも制御に関する例ではない) を通して MATLAB の基本の理解
  ・MATLAB におけるプログラミング法について
  ・いくつかの非線形微分方程式を利用して SIMULINK 上のプログラミングの理解
     (磁気浮上系に対する非線形微分方程式を含む)
  ・Toolbox を概観
  ・他のソフトに関しても簡単に紹介

第2回 フィードバック制御とは?・・・磁気浮上系を対象として制御のイメージをもつ!
  ・磁気浮上の実験装置を使ったフィードバック制御の説明
  ・物理モデル(非線形微分方程式) の紹介←CAE技術適用分野です!
  ・SIMULINK 上でフィードバック制御実験
  ・線形化の概念
  ・パラメータ同定法(磁気浮上に特化した)
  ・1次システムと2次システムの制御に関する基本

第3回 線形制御理論の基礎・・・線形制御理論を概観する!
  ・線形制御理論の基礎の紹介
  ・MATLAB/SIMULNK(机上シミュレーション)上でその効果を確認
   ※理論の説明の後、MATLAB/Simulinkでその効果をご自分のPC上で確認していただきます。

第4回 PC上で机上シミュレータ(バーチャルリアリティ)を作成・・・シミュレータの理解・判断
  ・制御ロジックが正しく動作するかをPC上で視覚的に確認する方法(プログラミング)
     ※MATLAB/Simulink の機能を使ったバーチャルリアリティのプログラミング
  ・制御器の実装方法

第5回 各人で自分の制御ロジックを考えよう!・・・あなたの存在価値をアピールしよう!
  ・あなたのアイデアを織り込んだ磁気浮上制御装置ロジックの作成
   ※アイデアをプログラム化するためのサポートをします。
  ・実習(実験装置への実装まで)
  ・理論と実験結果の相違に関する考察

第6回 さまざまな制御器の設計を体験

第7回 反省会
  ・今のCAE技術者と制御技術者の違いは?
  ※来年度の本解析塾のカリキュラムの改善項目洗い出し→翌年度へ
お申込み方法 受付は終了しました。