解析塾 基礎編 
<演習用ソフトウェアについて

● 解析塾「基礎編」コースでは、演習用ソフトウェアが必要となります。
   下記1、2のいづれかのソフトウェアをご用意ください。
   演習用ソフトウェアについて、不明な点がありましたら、CAE懇話会事務局までご連絡ください。

 1.MSC FEA/AFEA
    一昨年まで使用していました MSC FEA/AFEA導入済みのPCをお持ちの場合は、
    それをご使用ください。
 
 2.Mems-One
    新規演習用ソフトウェアを新規購入される場合にお勧めしています。
 
   ☆ Mems-Oneは、財団法人マイクロマシンセンター(MMC)のプロジェクトにより開発された
     ソフトウェアです。
     詳しくは、財団法人マイクロマシンセンターの「Mems-Oneひろば」をご参照ください。
      「Mems-Oneひろば」URL: http://www.mmc.or.jp/mems-one/

   ☆ 解析塾の演習に使用する場合のPCシステム要件は次の通りです。
 
      クロック:1GHz以上
      メモリ:  512MB以上、(1GB以上推奨)
      DISK空き容量: 1GB以上
      グラフィックボード:3D対応

     ※注)業務用として使用する場合は、解析の対象となるモデルの要素数などにより
         PC要件は異なります。

   ☆ 財団法人マイクロマシンセンターからの購入となります。
     購入方法について不明点等があればCAE懇話会事務局でもご相談をお受けします。

 3.Mems-Oneのアカデミック版(教室用)を使うことになると思いますが、
   詳細が決まっていませんので、確認でき次第、掲載するようにします。