大阪地区 解析塾 FEMプログラム開発
講師 河原 充 様(CAEコンサルタント)、
佐々木 洋一 様(株式会社 ISIDインターテクノロジー)

監修:小寺 秀俊 様(京都大学 教授)
開催期間 2008年5月から2008年11月までの7回コース
開催日 第1回: 5月17日(土)
第2回: 6月14日(土)
第3回: 7月12日(土)
第4回: 8月 2日(土)
第5回: 9月13日(土)
第6回:10月 4日(土)
第7回:11月 8日(土)

注:会場・講師のご都合により、開催日・会場が変更される可能性があります。
開催場所 日本IBM 大阪事業所
開催時間 10:00ー16:00
受講料 受講料: 個人会員 50,000円、 非個人会員 60,000円
定員 8名以上15名以下
 * 最低受講者数に満たない場合は開催しない場合があります。
 * 定員になり次第、締め切ります。
備考 * 演習用PCとしてノートブックを持参ください。
* 日本機械学会の公認CAE講習会(固体力学分野)に認定されました。

<PCの開発環境について>
こちらに過去にFEMプログラム開発を受講された方の開発環境をご紹介しています。新たに環境をご用意される場合は、ご参考にしてください。
内容 概要
有限要素法のプログラムを自作するための講座です。データの入出力、 マトリックスの作成ルーチン、マトリックスのソルバー、結果の出力までの 一連のソフトの開発を自ら行います。2次元モデルを対象とするコードを 開発します。解析機能の対象は、 線形構造解析、熱伝導解析です。 言語はFortranあるいはCあるいはC++いずれかを使います。  ある程度の課題を持ち帰ることもあります。合計10回の開催期間の中で、 完成させることが目的となります。開発経験の少ない方でも参加できます。 10ヶ月継続して参加できることが重要です。

申込方法

当コースは終了しました。