解析塾 中部地区 樹脂流動解析講座 基礎編 
講師 東レエンジニアリング(株) 結城高志 様   
開催期間 2017年6月から2017年10月までの5回コース
開催予定日 第1回: 6月 3日(土)
第2回: 7月 1日(土)
第3回: 8月 5日(土)
第4回: 9月 2日(土)
第5回:10月14日(土)  

 注:会場・講師のご都合により、開催日・会場が変更される可能性があります。
開催場所 刈谷市産業振興センター
開催時間 10:00−17:00
受講料 受講料: 個人会員 50,000円 非個人会員 60,000円 
定員 8名以上20名以下
(最低受講者数に満たない場合は開催しない場合があります。定員になり次第、締め切ります)
備考

演習用PCとして、各自ノートPCを持参ください。
・推奨スペック
 OS Windows 7 Pro または Windows 10 Pro
 CPU Corei5 以上
 メモリ 4GB 以上
 HDD 空き容量 20GB 以上
 ディスプレイ 1280×1024ドット以上で65536色以上表示可能なディスプレイ、
及びダブルバッファに対応したOpenGLボード

*修了証については、全ての講義に出席された場合、あるいはそれと相当すると
講師のかたが判断された場合に発行します。

本解析塾には、11月、12月で射出成形解析の最適化を行う応用編の講習があります。
応用編も受講を希望される方は、基礎編と同時に申込みください。

内容 この講座では射出成形CAEソフトTIMONを用いた演習を実施します。
射出成形に関する周辺技術〜不良現象〜改善案検討までを理解し、何が起きている
のかを知ることからシミュレーションを通じて改善策を立てるまでを体験します。
第1回 解析の概要と操作教育
 ・解析ソフトのインストール、稼働確認
 ・射出成型CAEの概要
 ・射出成形CAE活用のための基礎知識
 ・射出成形CAEソフトの操作教育
  ・ソフトの概要
   ・モデル作成とメッシュ作成
   ・解析条件設定と解析実行
   ・解析結果の表示
 ・流動及び冷却解析の演習
第2回 操作教育の続きと現象について
 ・第1回の続き
 ・射出成形解析の活用について
 ・繊維配向を含めた解析、繊維やフィラーについて
 ・解析活用のための演習
第3回 樹脂流動解析ソフトの解析計算理論
 ・樹脂流動理論の基礎と薄肉流れの導出
 ・射出成形CAEの基本構成
 ・樹脂の流動特性理論
 ・ヒケ、そり発生の理論説明
 ・繊維配向の取扱い理論 
第4回 解析演習
 ・実成形品形状による解析準備
 ・モデル作成およびメッシュ作成
 ・解析条件設定
 ・実際の問題を解決していくための演習
 ・解析結果の表示
 ・流動解析、保圧・冷却解析、繊維配向、そり収縮解析の結果評価
第5回 解析演習の続きと簡易発表会
 ・第4回の続き
 ・各自の演習解析結果の発表
申込方法     ←お申込はこちらより承ります。 
      お申し込みのとき、ブラウザは、Internet Explorerをお使いください。
      Firefoxをお使いの場合は、Version 45以降をお使いください。
申込締切日  5月25日(水)
TIMONのライセンス準備のために、申込締切日までに申込をお願いたします。