関西地区 振動基礎講座 
 〜 2017年/平成29年度 コース 〜

講 師 

 第1回〜第5回 講義: 名古屋大学名誉教授              安田 仁彦 先生
 第6回       実習 ;  関西CAE懇話会幹事

開催期間

  2018年  1月〜4月 (全6回)

本年度方針

7年前から中部地区で開催し好評を博している「振動基礎講座」を、今年度も、過去2年度に続いて、関西地区でも開催することにしました。今年度から、第1回から第5回までを講義、第6回をソフトウェア実習とします。講義いただく講師は、名古屋大学・愛知工業大学で振動工学の教育・研究に長く携わってこられた安田先生です。毎回の講義は、まずアニメーション・シミュレーションで振動現象を直感的に理解し、それを理論に基づいて解析し、ついで得られた解析結果を物理的・工学的に検討し、最後に演習を通して理解を確実なものとするという順で進められます。第6回ソフトウェア実習とあわせて、振動解析の実力を養っていただきます。

開催予定日

  振動工学の基礎に関する全6回の講座
    第1回:  1月20日(土)
    第2回:  2月17日(土)
    第3回:  3月 3日(土)
    第4回:  3月24日(土)
    第5回:  4月14日(土)
    第6回:  4月28日(土)
   

  
    (注1):会場・講師の都合により ,開催日・会場を変更する場合があります.

開催場所

株式会社アルゴグラフィックス(新大阪) 会議室
地図は、こちらMAP
 大阪市淀川区宮原4-5-36 セントラル新大阪ビル12階
 最寄り駅:地下鉄 新大阪駅 徒歩10分

開催時間

  10:00−16:00

受講料

   受講料: 個人会員 50,000円  非個人会員 60,000
 

定 員

 6名以上12名以下.
 (最低受講者数に満たない場合,開催しない場合があります.また定員になり次第,締め切ります.)

備 考

 修了証については,全ての講義に出席した場合、あるいはそれと相当すると講師が判断した場合に
 発行します.

内 容

  
 目 標:
  基礎レベルから始めて、実務レベルまでの振動工学を理解し、振動解析、動的設計の実力を養う。
 対象者:
  ・ これから振動工学を学びたい方。 
  ・ 多少の実務経験はあるが,振動工学を基本から学び直したい方。
  ・ 実務でこれから振動解析に取り組む必要のある方。
 講座の概要:
  第1回から第5回まで、基礎レベルから始めて、モード解析を含む実務レベルまでの振動工学の基本を講義する。第6回でソフトウェア実習を行う。
 講義の進め方:
  講義では、まずシミュレーションを通して振動現象を直感的に理解し、つぎにその理解に基づいて振動解析を理論的に進める。基本的なものから複雑なものまで対象を変えながらこの過程を繰り返すことによって、次第に高いレベルまで振動工学を理解する。また多数の演習問題を行うことによって、理解をより確実なものとし、振動解析につながる堅固な基礎力を養う。最終回のソフトウェア実習では、実務の要領を経験いただく。
  第1回 1月20日(土)
           ・ 振動概要,数学基礎,力学基礎
  第2回 2月17日(土)
           ・1自由度系の振動,実務応用問題
  第3回 3月 3日(土)
           ・2自由度系の振動,制振技術
  第4回  3月24日(土)
           ・多自由度系の振動,モード解析
  第5回 4月14日(土)
           ・連続体の振動,解析力学入門
    
   第6回 4月28日(土)  
      ・ 振動解析用ソフトウェアによる解析実習
       メッシュ生成、境界条件設定、解析結果の確認、解の信頼性確認
 
テキスト
  安田仁彦著,「改訂振動工学(基礎編)」(コロナ社)
  (講義で用いる講義資料は,解析塾受講生のホームページよりダウンロード可)
 付記   第1回から第5回の講義では、演習問題を解くため,電卓あるいはノートPC等を持参いただくことが望ましいです.
  第6回は、解析実習のためにソフトウェア実習を行います。そのためにノートPCを持参ください。
  ソフトウェアは事前にご提供します。

 日本機械学会 公認CAE技能講習会認定取得申請予定。
申込方法    ←お申込はこちらより承ります。