第67回関西CAE懇話会
テーマ ディープラーニングとCAE(第3回)〜AI技術により進化し続ける製品開発と機能材料開発〜
日時  2019年6月14日(金)10:00〜18:30 
場所 大阪産業創造館 イベントホール(4階)/会議室A、B(5階)
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目4ー5
<アクセス>

地下鉄「本町駅」から 徒歩8分
地下鉄堺筋「本町駅」から 徒歩5分
 
受付 10:00 受付開始
基調
講演

「トヨタ自動車での自動車の衝突シミュレーション技術の現状とAI技術への期待」
時間 15:40〜16:40
講師 トヨタ自動車株式会社 先進技術開発カンパニー 先進車両技術開発部 主査  安木 剛 氏
概要 衝突解析の結果から機械学習によりREDUCEDMODELを作成し、乗員傷害値の時間履歴をPCで0.1秒以下の計算時間で概ね模擬し、大幅な計算時間短縮を達成した。
さらに、一万個のREDUCED MODELの結果から精度良くパレートフロントを得た。
講演1 「スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協)の紹介」
時間 11:40〜12:00
講師 株式会社日立製作所  野中 紀彦 氏
概要  産応協の活動内容について紹介する。 
講演2  「IoT,AIを活用する拡張CAE 〜コネクテッド・プロダクツとスマート・サービスの開発を支える新しいCAE〜」
時間 13:20〜14:00
講師 ダイキン情報システム株式会社  平野 徹 氏
概要 従来のCAEの発展として、設計シンセシス・最適化探索やAI・IoTを取り込み、拡張CAEと定義した。キーアーキテクチャとしてのCPS(サイバー・フィジカル・システム)プロセスにおけるモノとコトに関わる不確かさ(Uncertainty Quantification)の定量化や、エッジ・プラットフォームの知能化、さらに、「人・社会」と「システム・サービス」の関係をモデル化し、現状のスマート・サービスの分類を行うことで、日本の製造業が製品・システム開発にそれらを取り込み新たなスマート・サービスを生み出し、モノづくりからコトづくりへ事業変革するための新しいCAE環境を展望する。
資料  Doc
講演3 「AIと科学者の協創による材料開発
時間 14:00〜14:40
講師 日本電気株式会社 システムプラットフォーム研究所 主幹研究員  石田 真彦  氏 
概要 AI囲碁(AlphaGo)やAI将棋(Ponanza)等によるAIブームの影響から、材料開発の分野でもAI技術を用いた取り組みが盛んに行われている。囲碁や将棋などでは、AIが人類を超越した存在になっているが、材料開発の分野では解くべき問題が複雑であるため、AI技術さえあればよいという状況には至っていない。そのため、材料開発では『AIと科学者の協創』が非常に重要となる。本講演では、材料開発を行う人間を強力にアシストすることができる機械学習技術を2つ(異種混合学習とベイズ最適化)紹介し、その実際の応用事例を交えて講演する. 
講演4  「シミュレーションとAIの連携による機能材料設計への取り組み」
時間 15:00〜15:40
講師 国立研究開発法人産業技術総合研究所 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター 
総括研究主幹  青柳 岳司 氏
概要  計算機シミュレーションとAI技術とを連携させ、有機・高分子材料を中心とする機能材料の構造から機能・物性の予測を行い、材料開発を加速することを目的とした国家プロジェクトなどにおける取り組みに関して紹介する。
資料  Doc
Open
CAE
研究会
 
 「2018年度活動報告」
時間 10:30〜12:00
講師 株式会社アルゴグラフィックス 辰岡 正樹 氏
株式会社インサイト       三好 昭生 氏
CAE懇話会     幹事    松原 大輔 氏
概要 (A) OpenCAE研究会 活動報告  (30分)
1. 2019年度報告
  LIGGGHTS活用研究会、Salome-Meca活用研究会、PrePoMax活用研究会、Elmer活用研究会
2. 2019年度活動方針
  新規活用研究会
(B) Elmerの音響解析機能紹介 (実演による紹介)   (60分)
   関連情報はこちらーー>Elmer活用研究会 Elmer

資料  Doc
アフターヌーン
プレゼン
アフターヌーンプレゼンテーション
時間 13:00〜13:20
概要 デモ展示団体会員様
団体
会員様
講演
「FOCUSにおけるディープラーニングとCAEシステムの紹介」
時間 10:30〜11:00
講師 公益財団法人計算科学振興財団  西川 武志 氏
概要   計算科学振興財団が運営するFOCUSスパコンではNVIDIA Tesla P100を1基搭載したシステム(\500/ノード時間)ならびにNEC SX-Aurora TSUBASAを1基搭載したシステム(\300/ノード時間)をそれぞれ2ノード運用し利用者に提供している。
これらのシステムの特徴とCAE分野での利用例について紹介する。
資料  Doc
「データサイエンス勉強会の実績とその発展」
時間 11:05〜11:35
講師 株式会社インサイト  三好 昭生 氏
概要   インサイトは、データ同化技術の有望性に着目して、2018年11月から、ベイズ統計学、クラスター分析、自己組織化マップ、MCMC、カルマンフィルタ、ベイズ最適化、決定木、ランダムフォレストと7つのテーマで既に「CAE技術者の為のデータサイエンス勉強会」を開催し、データ同化の実用化に必要な技術の基礎固めが出来つつある。当初難解と思われた技術が段々取り扱い可能なレベルに迄ハードルが下がって来たと思う。それと同時にこれらの基礎技術は単独又はいくつかの組み合わせでデータ同化以外、又CAE以外の利用可能性も有る。実際に扱った内容を概説し更に今後の展望を示して行きたい。
資料  Doc
「メッシュエラーを自動修正する最新高速メッシャーの開発 〜形状が同一なら同じメッシュを生成〜」
時間  10:30〜11:00
講師 インテグラル・テクノロジー株式会社  西浦 光一 氏
概要   アスペクト比エラー等のソルバーエラーのみならず、解析精度確保の為に標準化しているメッシュ形状のエラーさえも自動で修正できるソフトを開発し実用化している。これらは、三次元形状認識を使い、形状を構成するサーフェスがいかに変わろうと、形状に対し決められたメッシュを生成することができる。従って、メッシュによって答えがばらつく等の問題もでにくい。本ソフトの最新版では、メッシュエラー修正のみならず、高速化にも取り組み、数十倍の高速化に成功した。例えば、エンジンシリンダーヘッドの強度解析用モデリングでは、3mmメッシュで1.5時間を実現した。
資料  Doc
 「ディープラーニングを用いたFEM逆解析手法による残留応力分布の計測」
時間 11:05〜11:35
講師 株式会社CAEソリューションズ 新納 義昭 氏 
概要  ディープラーニングを用いるとFEM逆解析が可能となる。FEM逆解析の応用の一つとして残留応力分布の計測に利用することが考えられる。残留応力の発生している部材に一定の荷重をかけそれに対する変位を3Dスキャナなどで測定すれば、FEM逆解析を用いてどのように残留応力が発生しているかを知ることができる。これは、従来の非破壊検査の手法であるX線回折等による測定などと異なり比較的簡易な計測にもかかわらず、これまで困難であった広い範囲での残留応力分布を知ることができることを意味している。
デモ
展示
   
株式会社テクノスター Jupiter Pre/Post:最新鋭のCAEモデリングツール
株式会社インサイト
CAE技術者の為の無料<fータサイエンス勉強会
公益財団法人計算科学振興財団 FOCUSスパコン、2019年度講習会、最新事例集のご案内
 サイバネットシステム株式会社  デジタルツイン簡易実験モデル、AIサロゲートモデル
 プロメテック・ソフトウェア株式会社  メッシュフリーの流体解析および粉体解析ソフトウェア
 アンシス・ジャパン株式会社  ANSYS Twin Builder マルチドメイン・システムシミュレータ
時間割
時間割
参加
費用
CAE懇話会 個人会員
   ・2,000円(税込)
CAE懇話会 学生/院生会員
   ・無料 <ただし社会人学生は除く>
CAE懇話会 団体会員(正会員、賛助会員)の社員の方
   ・2,000円(税込)
CAE懇話会 非個人会員
   ・3,000円(税込)
CAE懇話会 非学生/院生会員
   ・1,000円(税込)<学生会員に登録ください。(登録費用は無料)>
※参加費用は参加されるコースに関係なくいずれも上記の費用となります。当日受付にてお支払いください 。
☆所属する企業・法人が団体会員様の場合、個人会員の参加費用が適用されます。
参加費用の請求書による振込みを希望される場合は、事前に CAE懇話会事務局(jimukyoku10@cae21.org)までご連絡ください。会場での請求書支払申込はできません。
新規にCAE懇話会個人会員となって、個人会員としての参加を希望される場合には、6月7日(金)までに
個人会員登録申請
を行ってください。すでに個人会員の方は、その必要はありません。
参加
申込
Webからの事前申し込みは締め切りました。
当日会場へお越しください。
備考 内容については、変更される場合があります。最新情報は本ページでご確認ください。


Copyright (C) 2001-2019 NPO法人CAE懇話会 All Rights Reserved.