第18回東北CAE懇話会 
主催 東北CAE懇話会
共催 INSデジタルエンジニアリング研究会(第42回)可視化情報学会「見える化」研究会大崎市
テーマ 医療、バイオとCAE
日時   2012年11月2日(金)13:00〜19:15
場所 ふるさとプラザ
宮城県大崎市 古川駅前
アクセスはこちら  Access   
受付 12:30受付開始
基調講演       「計算生体力学シミュレーションと医工学技術者再教育プログラム」                     
 講師 東北大学大学院工学研究科 教授 山口 隆美 様
 時間  13:05〜14:00
 概要 医療機器産業は東北地方の震災からの産業復興の中心とされている。医療機器産業の振興には医工学技術の研究開発と人材育成が鍵となるが、このためには、技術の対象であるヒトの構造と機能の理解が欠かせない。講演では40年来従事してきた生体医工学研究、とりわけ、計算生体力学の最新の成果についてお話し、さらに、最近10数年取り組んでいる「医療工学技術者創成のための再教育システムREDEEM」(http://www.redeem.jp) の活動について紹介させて頂く。
特別
講演
「メディカル事業・東北事業所紹介」
 講師 日東電工株式会社 メディカル事業部 東北事業所 佐々木 廣昭 事業所長 様
 時間 15:15〜15:45
概要  粘着技術を活かした医療用テープ製剤からスポーツの分野のさまざまな粘着テープまで幅広く製品を提供しています。 また、皮膚を通して薬を体内に取り入れる「経皮吸収型テープ製剤」では、喘息治療薬や狭心症治療薬、局所麻酔薬など多岐にわたる用途で使われています。
今後は、高分子技術を応用し、核酸を用いて病気の原因となる遺伝子の発現を統制する 核酸医薬の分野で核酸医薬の合成、キャリアの開発などを通して幅広くライフサイエンス分野で事業を拡大して行きます。
技術
講演                
 「視覚的分析環境とその医工学への適用」
 講師 京都大学 高等教育研究開発推進センター 教授 小山田 耕二 様
 時間   14:00〜14:30
概要  本講演では、科学的方法における仮説検証プロセスにおいて役立つ視覚的分析環境とその計算機シミュレーション結果への適用について説明する。視覚的分析環境は、俯瞰・拡大・詳細ビューを実現する統融合可視化技術から構成され、医工学シミュレーションへの適用について期待されている。
「骨切術および人工関節置換術のための3次元ベース術前計画支援とその応用事例」
 講師 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 教授 土井 章男 様
 時間   14:30〜15:00
 概要 急激な高齢化により、骨粗鬆症による骨折や変形性関節症の発生件数が増加している。治療には、主に骨切り術や人工関節(インプラント)置換手術が行われるが、従来の術前計画では、レントゲン画像(2次元画像)を用いた2次元上での切断や位置合わせであった。そのため、正確な配置や削る骨の量は、医師の技量により大きな差が生じていた。
この問題点を改善するために、我々は、3次元画像を中心とした3次元ベースの術前計画支援の研究開発とその応用事例について述べる。
「可視化情報学の展開」
 講師 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授 岡本 孝司 様 
 時間  16:25〜16:55
 概要
ベンダー
講演
「先端医療分野で活用されるSolidWorks Simulation 2013」 
講師 ソリッドワークス・ジャパン株式会社 島村 知子 様
時間 15:45〜16:05
概要 日々進化を遂げる医療現場では、常に最新機器の開発が求められています。より高度化する要求に応えるための製品開発に解析は欠かすことができません。SolidWorksの豊富なユーザー事例から先端医療分野のお客様事例を元にSolidWorks Simulationの活用法をご紹介します。また、2012年11月リリースの最新バージョン「SolidWorks Simulation2013」のトピックスと、新製品「SolidWorks Plastics」もあわせてご紹介させていただきます。
「医薬品・医療機器分野におけるCAE活用事例のご紹介」 
講師 株式会社構造計画研究所 SBD営業部 技術室 山田 剛史 様
時間 16:05〜16:25
概要 医薬品の生産技術・医療機器の設計分野においてCAEは様々な場面で活用されています。本セッションでは、構造計画研究所が提供する構造・熱流体・電磁界・さらには粒子法の医薬・医療機器分野への適用事例を紹介します。
交流会  交流会 
時間 17:15〜19:15
場所 福福屋 (宮城県大崎市古川駅前大通2-2-27)
資料
展示 
/
デモ
展示 
     
CAE懇話会団体会員企業のデモ・資料展示コーナーを設けます。
最新の情報収集にお役立てください。

  出展団体会員企業名(受付順、敬称略)
   =受付中=  
<デモ展示>  
アルテアエンジニアリング株式会社            Altair HyperWorks
株式会社構造計画研究所                  メッシュ作成不要の粒子法流体解析ソフトParticleworks
サイバネットシステム株式会社               マルチフィジックス解析ツール ANSYS
株式会社テクノスター                     国産CAEソフト/TSV-PrePostDesigner
 <資料展示>
ソリッドワークス・ジャパン株式会社             SolidWorks 2013, SolidWorks Simulation 2013,
                                  SolidWorks Flow Simulation2013, SolidWorks Plastics 2013
株式会社エヌ・エス・ティ                   構造解析ソフトFemap with NX Nastran
株式会社爆発研究所                     IMPETUS Afea等のライセンス資料
株式会社アルゴグラフィックス                Webベース ジョブスケジューラ ShareTask
株式会社ヴァイナス                      FieldView, TOSCA等
時間割    参照ください。   
参加
費用
第18回東北CAE懇話会 参加費用
CAE懇話会個人会員(正会員、賛助会員)
   ・一般    :2000円(税込)    ・学生/院生:1000円(税込)
CAE懇話会団体会員(正会員、賛助会員)の社員の方
   ・2000円(税込)
CAE懇話会非個人会員
   ・一般    :3000円(税込)    ・学生/院生:1000円(税込)
CAE懇話会団体会員の社員の方:
   ・2000円(税込)
 
※参加費用は参加されるコースに関係なくいずれも上記の費用となります。
  当日受付にてお支払いください 。
☆所属する企業・法人が団体会員様の場合、個人会員の参加費用が適用されます。
 
参加費用の請求書による振込みを希望される場合は、事前に CAE懇話会事務局までご連絡ください。会場での請求書支払申込はできません。
 新規にCAE懇話会個人会員として参加希望される場合は、10月29日(月)までに個人会員登録申請を行ってください。
すでに個人会員の方は、その必要はありません。
懇親会
(2次会)
及び
宿泊
案内
場所:中山平温泉 「仙庄館」  (宮城県大崎市鳴子温泉字星沼28-2)
宿泊費用: 7,500円(朝食込み)、
2次会費用: 2,000円
古川から中山平へはバス送迎(往復 1,480円)
宿泊希望の方は、10月25日(木)18時までに申込みをお願いいたします。
申込みは参加申込みページからお願いします。
参加
申込
WEBからの事前登録は、終了しました。
当日、会場受付へお越しください。
備考 内容については、変更される場合があります。最新情報は本ページでご確認ください。



Copyright (C) 2001-2017 NPO法人CAE懇話会 All Rights Reserved.