第23回東北CAE懇話会 
主催 東北CAE懇話会
共催 INSデジタルエンジニアリング研究会
いわてデジタルエンジニア育成センター
秋田県産業技術センター
秋田県高分子材料研究会
秋田県生産技術研究会
テーマ 自然エネルギーと地域創生におけるCAE
日時   2015年5月15日(金)13:00〜18:00
場所 秋田県産業技術センター
〒010-1623
秋田県秋田市新屋町字砂奴寄4-11
TEL:018-862-3420
FAX:018-865-3949
Access
受付 12:30受付開始
講演 「秋田県における再生可能エネルギー産業についてーCAEを活用した参入支援の取り組みー」                     
 講師 秋田県産業技術センター 所長 鎌田 悟 氏
 時間  13:05〜13:50
 概要 秋田県は、風力資源や地熱資源、木材資源など再生可能エネルギーに関する資源に非常に恵まれた県である。特に風力発電では、固定価格買取制度下での認定量が全国1位になるなど、洋上浮力も含めて期待されている。ただ、大規模発電装置の開発、製造では地域中小企業が関わるのは非常に難しい。これに対して、地産エネルギーは小規模、分散型、多種類であり、県内の中小企業が関われる可能性が大である。中小企業の参入支援の取り組みにCAEを活用した事例を合わせて紹介する。
「秋田における風力発電ビジネスについて
 講師 (株)ウェンティ・ジャパン 代表取締役社長 佐藤 裕之氏
 時間 13:50〜14:35
概要  秋田地域は風況に恵まれていて,それを活かした風力発電ビジネスを地域の将来産業の柱の一つに位置づけている.その考え方のポイントとビジネスの現状・将来について私見を交えて報告する.
 「風車概論と流体特性解析」
 講師 日立製作所 日立研究所 主管研究員 渡邊 昌俊 氏
 時間   14:35〜15:20
概要  風力発電は,世界規模での累積導入量が年12〜14%で増加し,国内でも丘陵,海岸線等で見受けられるようになった.長崎,福島においては洋上浮体風車の実証試験が行われ,急速に発展を遂げている.身近な電力供給源となりつつある風車の構造と仕組みを理論や数値解析結果を交えながら説明する.
「鋼の連鋳鋳片浸漬冷却時の変形および応力発生挙動に及ぼす操業条件の影響」
講師 秋田工業高等専門学校 機械工学科 教授 磯部 浩一氏
時間 15:35〜16:20
概要 相変態力学理論に基づく熱処理変形解析により、鋼の連鋳鋳片浸漬冷却時の鋳片内応力分布や鋳片断面形状への鋳片断面サイズや冷却条件の影響を解析し、浸漬冷却では、鋳片表層部でのマルテンサイト変態に起因し、鋳片表層直下に大きな引張り応力が発生し、この応力はその位置がマルテンサイト変態する直前で最大となることや、冷却速度が増大すると、マルテンサイト変態量や変態速度の増加で、この引張り応力が増大すること、また、鋳片コーナー部がより突出した形状になることを明らかにした。
「「使える」スーパーコンピュータセンターを目指して
―東北大学サイバーサイエンスセンターの取り組みー」
 講師 東北大学サイバーサイエンスセンター 准教授 江川 隆輔氏
 時間   16:20〜17:05
 概要 近年,スーパーコンピュータを用いたシミュレーションは,学術界にとどまらず産業界においても,高い製品競争力の維持,イノベーションの創出に必要不可欠なツールとして重要な役割を担っている.本講演では当センターにおける産業利用の事例をはじめ,スーパーコンピュータの性能を十分に引き出すことを目的としたユーザ支援活動,共同研究活動を紹介する.
「科学技術研究の将来」
 講師 京都大学  機械工学科 教授 小寺 秀俊 氏
 時間  17:05〜17:50
 概要 Open Science, Open data, Open access そしてBig Data.
さて、みなさんどれだけ知っていますか?また、みなさんは科学技術を信用していますか、信頼していますか?これらのことに疑問を持ったことはありますか。今回は、これまで信頼・信用していた科学技術に関して見直すと共に、今後大変重要になってくるOpen ScienceやOpen dataそしてBig data等の新しい科学技術の研究・開発とその利用に関して考えてみたいと思います。同時に、ICTにおけるシミュレーションの役割や最近再度耳にするようになった人工知能(AI)に関して、考えてみたいと思います。
 資料  Document
交流会  交流会 
時間 18:00〜19:00
場所 レストラン サンサン向浜店(こまちスタジアム隣)
参加費用 交流会費用は、参加費用に含まれます。
宿泊
案内
天然温泉ホテルこまち 
宿泊費 朝食付 11,000円 (食事代含む)
定員 20名 
(宿泊の申込は、5月11日(月)17時に受付を終了しました)
場所 秋田県秋田市卸町1−2−3
TEL:018-865-0001
アクセス Access
デモ
展示 
     
CAE懇話会団体会員企業のデモ・資料展示コーナーを設けます。
最新の情報収集にお役立てください。

  出展団体会員企業名(受付順、敬称略)
   =受付中=  
<デモ展示>  
アルテアエンジニアリング株式会社    有限要素ベース汎用数値流体力学(CFD)ソルバーAcuSolveほか、HyperWorks製品
株式会社アルゴグラフィックス        ShareTask:国産のHPC向け統合運用ジョブコントローラー
日本イーエスアイ株式会社         複合材料成形向けCAEソリューション
株式会社電通国際情報サービス      XFlow、格子ボルツマン法ベースの最先端CFDソフトウエア
計測エンジニアリングシステム株式会社  汎用CAEソフトCOMSOL Multiphysics
時間割    参照ください。   
参加
費用
第23回東北CAE懇話会 参加費用
CAE懇話会個人会員
   ・一般    :2000円(税込)    
CAE懇話会団体会員(正会員、賛助会員)の社員の方
   ・2000円(税込)
CAE懇話会非個人会員
   ・一般    :3000円(税込)    
学生・院生の方:
   ・無料
 
※参加費用は参加されるコースに関係なくいずれも上記の費用となります。
  当日受付にてお支払いください 。
☆所属する企業・法人が団体会員様の場合、個人会員の参加費用が適用されます。
 
参加費用の請求書による振込みを希望される場合は、事前に CAE懇話会事務局までご連絡ください。会場での請求書支払申込はできません。
 新規にCAE懇話会個人会員として参加希望される場合は、5月8日(金)までに個人会員登録申請を行ってください。
すでに個人会員の方は、その必要はありません。
参加
申込
事前のWEBからの申込は終了しました。
当日会場受付へお越しください。
備考 内容については、変更される場合があります。最新情報は本ページでご確認ください。



Copyright (C) 2001-2017 NPO法人CAE懇話会 All Rights Reserved.