解析塾:特別講演会
先駆者に学ぶCAEの普及と展開
〜樹脂流動解析から出発して〜
開催日時 2018年4月13日(金) 13:00から17:30 
開催場所 NLC新大阪8号館 11階貸会議

大阪市淀川区西中島3丁目9−13
    
アクセス   
  【地下鉄】御堂筋線・西中島南方駅 徒歩5分     Access
  【JR】新大阪駅 徒歩10分
  【私鉄】阪急電車・南方駅 徒歩10分梅田
 
  講演1  「プラスチック成形加工とCAE」
 13:10〜15:10
講師:東川 芳晃 氏   Person
  
概要:
プラスチック成形加工の分野は、従来、熟練者の経験と勘及び試行錯誤によって
製品開発が行われてきた。私は樹脂メーカーの技術者として、このプラスチック
成形加工技術の向上のため、1980年初頭よりプラスチックCAE技術の開発に
取り組んできた。講演では、長年にわたる研究生活を振り返りながら、
プラスチックCAE技術の進展の歴史と今後の展望について、具体的な開発事例を
示しながら紹介する。
 講演2     「CAE体験(樹脂流動・射出成形)とビジネスの進め方」 
 15:30〜17:30 
講師:田中 豊喜 氏   Person
  
概要:
何事にも共通することだが、企業で事を始め、実行し、完成させるためには、
選択と集中が肝要。選択の段階では、技術者としての立場を離れ、大局的、
哲学的思考で課題を設定する。集中の段階では、課題の中から本質を抽出し、
企業と技術の強みを活かした形で段階的に課題を解決する。以上の事例を、
企業におけるCAE体験(樹脂流動・射出成形)をもとに解説し、幸福観、
日本のモノづくり・ビジネス戦略についても述べる。
受講料 受講料: 個人会員 5,000円、 個人会員外 10,000円
 ただし、団体会員所属の場合:5,000円
 学生会員:無料
定員 30名
 * 最低受講者数に満たない場合は開催しない場合があります。
 * 定員になり次第、締め切ります。
備考 資料は当日会場で配布いたします。
申込方法    ←お申込はこちらより承ります。